掲示板@プーシュカ

日露戦役の装備被服類について

日露戦役の装備被服類について
« 投稿日:: 12月 21, 2018, 10:42:19 午後 »
日露戦役時の装備被服類についてのスレッドです。質問などもお気軽に

肩章類1
« Reply #1 投稿日:: 12月 21, 2018, 11:15:13 午後 »
日露戦役時の肩章システムは良く知られたWW1期とは大きく異なります。
こちらは『9В.С.』の略号と木苺色の生地で第9東シベリア狙撃兵連隊を示します。
木苺色は狙撃兵連隊のシンボルカラーでこれは赤軍の歩兵科兵科色と名称に引き継がれることとなります。
また略号は黄色のステンシルによって記入されていますが、このステンシル書体の肩章はロシア連邦のビニールプリント肩章に引き継がれることとなります。
このように歴史の連続性を感じるのも面白いと思います

Re:日露戦役の装備被服類について
« Reply #2 投稿日:: 12月 27, 2018, 11:33:14 午後 »
スレ立てありがとうございます!
色々と面白かったりカッコ良い点はあると思うのですが、
後の世代に名残として特徴が残っていたりするのを発見したときに結構喜びを感じます。
肩章のペンキステンシルがロシア連邦で使われているプラスチック印刷の起源だったり、
海軍の艦隊旗が帝政時代に遡れるものだったりなどなど・・・。